井上塗装店

井上塗装店|長野県下伊那郡|塗装から建築・リフォームまで。親切・丁寧・きれい・長持ち!

コンテンツ

施工例

塗装屋

全建総連リフォーム協会

 

HOME»  施工例詳細»  鉄骨»  非常階段

非常階段

非常階段

非常階段

 

鉄製階段の塗替え

着工前

着工前

 

着工前

過去何度となく塗替えをしているようで、床(縞鋼板)の模様が塗膜の厚みで無くなりかけているところがたくさんありました。しかし、全体的に剥がれやサビが出ていました。

 

高圧洗浄後

高圧洗浄後

 

高圧洗浄後

 高圧洗浄をするかしないか?通常のケレンだけで細かい場所まできれいになれば問題ないのですが、床に使われている縞鋼板の凹んだ部分はかなり時間がかかってしまいます。ここでは幸い高圧洗浄が出来る場所だったにで、まず予備ケレンとして行いました。
 結果、塗膜の密着不足がかなりあり、多量の塗膜が剥がれ落ちました。

 

ケレン(ニードルスケーラー)

ケレン(ニードルスケーラー)

 凹んだ部分をケレンするのは非常に時間のかかる作業です。ここでは「ニードルスケーラー」という道具で踊り場の床と段板の縞鋼板をケレンしました。鉄に響いて大きな音が出る為、音の出るケレン作業は2日間という許可を得て集中的に進めました。 ニードルスケラーは建築塗装では一般的ではないかもしれません。

 

ケレン(ディスクグラインダー)

ケレン(ディスクグラインダー)

 

ケレン(ディスクグラインダー)

 左の写真は、「ディスクグラインダー+ワイヤーカップブラシ」で床の仕上げをしているところです。ニードルスケーラーは叩いて塗膜を剥がす感じなので、表面が凸凹になります。そこでこの工程で表面を滑らかにします。
 右の写真は、「ディスクグラインダー+研磨ディスク」で平面のケレンをしているところです。通称「サンダーがけ」です。

 

下塗材料

下塗材料

変性エポキシ系下塗塗料
日本ペイント ハイポン20デクロ
 
 近年、主流になってきた弱溶剤形ではありませんが、このタイプの方が、防錆性(サビを防ぐ能力)がずっと高いので 今回はこの材料を使用しました。

 

下塗後、上塗1回目

下塗後、上塗1回目

 

下塗後、上塗1回目

 しっかりケレンをした後、しっかり下塗り(サビ止め)をします。少しでも塗り足りない箇所があれば、真っ先にそこからサビが出てきてしまいます。当店で白やグレーのような明るい色のサビ止めを使用するのは、薄い場所(塗り足りない場所)が判り易くする為です。
 上塗の材料は1液ウレタン樹脂塗料(日本ペイント 1液ファインウレタンU100)を使用。

 

上塗2回目

上塗2回目

 写真左側手前が上塗2回目塗装前です。ローラーで塗っている途中ですが、刷毛で塗る場所は全てきっちり塗ってあります。このような鉄板(縞鋼板)を刷毛で塗ると、時間がかかり過ぎる上、模様で刷毛をしごくかたちになり、凹んだ部分に塗料が溜まってしまいます。塗膜が厚くなればなるほど良い訳ではありません。

 

完了

完了

 

完了

 

完了

 

2015-01-05 18:13:25

鉄骨